So-net無料ブログ作成
検索選択

五歳 熱性けいれん ① [熱性痙攣]

娘は1、2歳の時に2回程熱性けいれんを起こしました。

本当に生きた心地がしない、あの経験。

今年のお正月になんと、また経験してしまいました。元旦の日の夜中、12時半ころでしょうか。

寝室に行くと、マナが起きていました。「あつい、あつい。靴下ぬぐ。」と訴えます。

触ってみると、すごく熱い。慌てて体温計を計ると38度7分。

冷えピタをあてて、お水を飲ませて、家にあった解熱剤を飲ませて、眠らせました。

実は次の日から二泊三日で旅行に行く予定でした。「これは、無理だね、、キャンセルか。」とぼんやり考えていました。

少し眠ったはずですが、すぐにマナの辛そうな声で目がさめました。苦しそうです。
「えー、したい(吐きたい)。」と言うのでトイレに行くのですが、背中をさすってもなかなか吐く事ができません。苦しそう。トイレの床に座り込んだり。

「気持ちわるい。」「苦しい。」と眠ることもできない感じ。

明け方、4時半頃ようやく吐くことができました。マナ、「苦しかった。」と言いもう一度ベッドへ。
その時点で何回も熱を計ったのですが39度台を行ったり来たりで下がりません。

午前6時過ぎ、また彼女が吐きました。今度はベッドの上で。「大丈夫!!?」
急いで、抱っこしてトイレに連れて行き吐かせようとしたのですが
様子が変!こちらを見ません。目も右側を向いたまま!

「パパ、痙攣!!救急車!」だんなが抱っこして、私が救急車を呼ぶ。

電話がつながり、ほどなくしてサイレン音がなりますが、なかなかたどり付かない。
なんと、家の前の坂が狭くて上がって来れないと!!結局車から降りてのぼってもらう事に。

そうこうしている間も、痙攣はおさまらず、一度終わったと思ってもまだ足がばたついていたり。(これはその後、寒さで震えていたのではないか、、、と言われました。)
正確に計った訳ではないですが痙攣が6分くらいは続いていました。長かった。

救急隊の方が来て、話しかけても意識がなかったです。呼びかけても反応がなくて、本当に泣きそうでした。「お母さんが話しかけたら、うん、ってやったねえ。」なんて言っていたけれど私にはあまりそうみえなかったし。

救急車の中に入って、熱い毛布をかけられて、ようやく表情が和らぎました。どうやら本当に寒かったのかもしれません。でも呼びかけても何も発しない。

病院に付いて、体温や脈拍、血圧?を計るために親指に機会をつけられるて、診察が始まるまでもかなりの時間を要しました。それまで、本当に何もお話しなくて、心配で心配で。

「あつい」だか「いたい」だか忘れましたが、
最初の一言が聞けた時にようやく一安心したのでした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。