So-net無料ブログ作成

幼稚園のクリスマス

もう2014年になりましたが

クリスマスのことを書きます。

娘の幼稚園ではクリスマス行事として、全園児による聖劇と音楽会があります。
年少さんは何々の役〜
年中さんは何々の役〜
年長さんは何々の役〜と
決まっておりまして、
所謂、マリアさま、天使様、、羊飼い、宿屋の主人、3人の博士・・というメインキャストは全て年長さんです。
年中さんは「もみのき」or「雪」です。二者択一。

まあ、もみのき役はグリーン系の衣装を着て、ダンス。
雪役は白い衣装を着てダンスなんですが、どうやら娘は「雪」になりたかった模様。

しかし、お役は先生が決めるのです。
「どの役も喜んで引き受けましょう」と事前にお達しがある通り、
娘も「もみのき、だった。ほんとは雪がよかったけど。」と言いながらも一生懸命取り組んでいました。

当日の演技もとても可愛らしかったです。
来年は年長さん、何かお役が付くと良いなあ〜。

で、聖誕劇の次の日。

幼稚園では「やれなかった方の衣装を着て、ダンスする」ということをしたらしいです。

マナは雪のきれいな衣装を着て、髪飾りをつけ、それはそれは嬉しそうに踊ったらしいです。

幼稚園の先生から
「まなちゃん本当に、こうやって〜〜(手をひらひらさせて)本当に嬉しそうに踊っていて、、。
わたし、涙でちゃって。」とお話くださいました。

聞いてる私もウルウル。。

帰って来て娘に「今日、雪の衣装付けて踊ったの?」と聞いた所

「うん。◯◯先生と、なになに先生が、マナのことみて、嬉しくて泣いてた。」と。

幼稚園の先生方、娘のことよーく見て下さって感謝です。
こんな時を将来懐かしく思うんだろうな。
なんだか残しておきたくて、ブログに書きました。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。